月別: 2016年12月

消費者金融系と銀行系カードローンを状況に合わせて選ぶ

消費者金融系カードローンは審査が早いので急ぎの時に便利、銀行系カードローンは金利が低いので利息分を抑えることができます。だから審査の通りやすい銀行を探すべし!これは鉄則です。お金を借りる理由は人それぞれですが、その時の状況に合わせてどちらか選ぶと良いです。

お金を借りた後は元本に利息を付けて毎月返済する事が必要です。カードローンでは残高スライドリボルビング返済方式にて毎月最少の返済額が決まる仕組みになっています。今月は大変と言う時は最少のまま返済できるのです。しかし最少のままずっと返済していたのでは完済までが長引いてしまいます。

長引くと当然ながら利息分の支払も増えてしまいますが、そんな時は追加返済すると言う解決策があります。無理に追加返済するときつくなり過ぎてしまいますので余裕が出た時で構わないです。お給料が出た直後やボーナスの支給があったタイミングは追加返済の良い機会です。

カードローンの場合は住宅ローンのように繰り上げ返済しても手数料は掛からないです。その代わりに提携ATMから追加返済すると利用手数料が掛かる事がありますので事前に確認して下さい。

 

即日発行商品の利用とインフォメーションに関する重要性

今月分の資金を調達したいと思う事は、たまにあります。生活資金で困るケースも、日常生活では珍しくないでしょう。そういった時には、銀行系からお金を借りる選択肢が出てくる事もあります。しかし、結局別の会社にするケースもしばしば見られるのです。なぜなら銀行の場合、即日発行が難しい傾向があります。

様々な手続きを慎重に行う都合上、どうしても多くの時間を要しますから、当日に借りるのは困難な事例も見られます。したがって急ぎで調達を望む人々などは、賃金業者を検討する事も多いです。ただし、最近では銀行もスピード化は進んでいます。それゆえに、検討してみるのも悪くはありません。

ただどういう会社で借りるにしても、インフォメーションなどは一読しておく方が良いでしょう。やはり大まかな情報を把握しておく方が、色々とトラブル回避になる事も多いからです。時にはそれが計画作りにも役立ちますから、インフォメーションを読む事は重要と言えます。

 

サラ金は保証人不要で便利ですが注意が必要です

サラ金は急遽お金が必要な時などに保証人不要、無担保でお金を借りることが出来るので非常に利便性が高いということが出来ます。ですがカードローンは支払専用で利用しないとどんどん借金が増えてしまうことになるので注意が必要です。

例えばおまとめローンなどは追加でお金を借りることが出来ないので確実に借金を減らすことが出来ますが、カードローンは返済して枠が開けばその分借りることができるのでなかなか借金から抜け出すことが出来ないといったエピソードを持つ人は少なくありません。

ですが中小金融業者の中には悪質な業者も存在しますし、借金の取り立てが会社までくるようなら周囲に人間性が問われる結果となってしまいます。やはり借金というと外聞がいいモノではありませんし、借金があることを知って近づいてくるような人というのは逆に注意が必要と言えます。大半の人は借金があるのを知ると距離をあける場合が多いのできちんと優良な会社かを確認した上で利用するようにして下さい。