カテゴリー: デブのリスク

酵素ドリンクの効果について

今流行りの酵素ドリンク。飲むだけでダイエットになるなんてそんなおいしい話が本当にあるのでしょうか。そもそも酵素の働きとは何でしょう。酵素は、人の体内に一定の量作られていて、20歳を過ぎるとその量は減少していきます。酵素は代謝と密接な関係があるので、酵素が減っていってしまうと、太りやすい体になってしまいます。

酵素には、体を動かすエネルギー源を作る役割もあるので、うまく補ってあげることでその効果が発揮されやすくなるというわけです。酵素はただ飲むだけでなく、運動と組み合わせることで効率よく効果を発揮します。

ハードな運動を無理にしようとしなくても、一日数十分でも軽い運動をするだけで、新陳代謝はさらに活発になり、エネルギーを消費しやすい体を作ることができます。無駄な脂肪を落とすだけでなく、筋肉もつけられるので、ダイエットしながら健康な体を手に入れることができます。

また、酵素を補いながら運動をすることは体のデトックスにもなります。代謝が上がると消化機能が活発になり、老廃物の排せつ機能もスムーズになるからです。便秘解消になるだけでなく、デトックス効果によって肌もきれいになります。酵素ドリンクによるダイエットは、運動と組み合わせることで効果が倍増します。

簡単なストレッチでもいいので、毎日続けることが大事です。きれいで健康な体はだれもが憧れるものです。ダイエットをお考えの方、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

中性脂肪の原因と対策方法

中性脂肪とは人間の体を動かす源となる物質で、別名は、トリグリセリドとも呼ばれています。健康診断の検査結果などはTGと書いています。主に食べ物から取得された脂質は小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪が高くなる原因としては、油っこい食べ物や、アルコール、甘いお菓子や、菓子パンなどを大量に食べる事か原因となっています。中性脂肪が高くなった場合は、脂質異常症と診断されます。脂質異常症になると、コレステロールが増え血管が硬くなり動脈硬化が進んでしまいます。

動脈硬化が進んでしまうと、血圧が上がり、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などの病気にかかりやすいと言われています。これらを防ぐ対策としてオススメの食べ物があります。それは青魚です。

中性脂肪を減らすには魚の脂肪分に含まれるEPAという成分があり、血液の流れを良くする、生活習慣病を予防する効果があるので青魚にはEPAが豊富に含まれているので中性脂肪を上げないようにする対策として青魚を食べるといいです。

青魚は好き嫌いがハッキリわかれる食べ物です。アレルギーを持つ人もいるかもしれません。そのような時は血圧を下げるサプリのベストは!おすすめランキング比較をしてサプリで摂る方法もあります。青魚の成分を使っているかもしれないのでアレルギーに関してはそのサプリの販売会社に飲んでもいいか問い合わせた方がいいでしょう。